• 목록보기

有名芸術家の生家ツアー

  • 인쇄하기
有名芸術家の生家ツアー
  • お勧めの季節 : 四季
  • 観光類型 : 観光
  • 観光日程 : 日帰り
  • VOD
  • VRPhoto
  • Map

Course

暮らしのパターンが変るにつれて、旅行のパターンにも大きな変化が現われた。 統営は多くの芸術家、職人を輩出した町である。音楽家のユニサン、詩人の柳致環、金相沃、金春洙、劇作家の柳致眞、小説家の朴景利、画家の全爀林など、数えきれない。 まず、詩人柳致環先生の跡を探る旅をしてみよう。生家は元々の跡地に復元されるべきだが、事情があってやむを得ず、貞梁洞に青馬文学館を建てる際に展示館と生家を復元した。青馬文学館に行くと、案内の人がいて、一目瞭然とした説明を聞きながら青馬文学館を観覧できる。

青馬文学館の観覧を終えたら金春洙先生の生家に行ってみよう。金春洙先生の生家は南望山公園の入り口に位置するトンサン薬局の隣に昔金春洙先生が住んだ場所に標識の石がある。次は、南望山彫刻公園に行ってみよう。この公園を統営の人は「南望山公園」または「南方山公園」ともいう。標高72メートルの低めのこの公園には世界からの15人の彫刻家の作品が展示されており、各種の公演文化行事が開かれる市民文化会館、朴景利先生の作品「金薬局の娘」の映画撮影記念碑があり、青馬柳致環先生の「旗」の詩碑がある。

南望山公園から降りて、青馬先生の生家跡と青馬街に足を向けよう。青馬街では先生の作品に登場する場所と建物が目に入ってくる。青馬街から出て少し歩くと、小説「土地」で有名な朴景利先生の生家に着く。そこからもう少し行くと、「ボンソナ(鳳仙花)」、「白磁賦」、「思郷」などの代表作がある時調(韓国固有の定型詩)詩人、金相沃先生の生家が見られる。

統営では、韓国に西欧近代画の画風を導入するのに貢献した李仲燮画家が統営で泊っていた家があって、彼はこの時期に統営一帯を回り青い邱、忠烈祠の風景、南望山へ登る道が見える風景、桃の花が咲いた町などを画いた。

世界的な現代音楽作曲家のユニサン先生が統営出身であることを知らない人はまずはいないだろう。毎年3月になると統営国際音楽祭が開かれ、ユニサン先生の友人や弟子が統営でユニサン先生の曲を演奏する。この期間に統営を訪れると、現代音楽を思いきって楽しめるだろう。先生の生家前の道路をユニサン街に指定し、入り口には胸像が、街の中間には(財)統営国際音楽祭事務局であるフェスティバルハウスがある。祝祭の期間中にはフェスティバルハウスもテーマに合わせて飾り、ユニサン先生と関連の記念品を販売する。また、フェスティバルハウス内のフリンジホールでは随時小さい音楽会が開かれる。

次は、統営で活動している韓国十大巨匠に入る全爀林画伯の美術館に行ってみよう。ここでは全画伯の作品世界を覗いてみる。海の宝石といえる島のように、統営を輝かせる宝石、文化芸術家の生家を中心に統営の文化が鑑賞できたら、一番知られている青馬柳致環の詩も鑑賞してみてもいいだろう。

お問い合わせ先

  • 統営市観光振興課 055)645-0101
  • 観光案内所055)650-5375~8